ここから本文です

中国、改革派論客の「断筆」 発信封じられても「空は必ず明るくなる」

6/19(月) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 中国の改革派の論客として民主化などを訴え続けてきた北京大学法学部の賀衛方(ホーウェイファン)教授(56)が5月下旬、ソーシャルメディア上での「断筆」を宣言した。自身の公式アカウントが相次ぎ閉鎖され、ついに発信をあきらめたという。統制を強める習近平(シーチンピン)指導部の下、言論の息苦しさはかつてないほど強まっている。

 賀氏は長年、言論の自由や司法の独立を訴えてきた改革派知識人。ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏が共産党独裁に反対した「08憲章」にも署名し、体制批判も恐れないことで知られている。当局の厳しい統制に加え、最近は改革派を「売国奴」などと攻撃する動きもあり、発言を控える知識人が増えている。……本文:4,190文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社