ここから本文です

V3さしこの一刺し!結婚宣言のNMB須藤に「ファンかわいそう」

6/19(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 HKT48の指原莉乃(24)が「第9回AKB48選抜総選挙」で3連覇を達成して一夜明けた18日、沖縄県内でサンケイスポーツなどの取材に応じ、突然の結婚宣言で物議を醸しているNMB48の須藤(すとう)凜々花(20)について語った。指原は、1年に1度の大舞台で後輩が取った行動を疑問視。「メンバーにとって総選挙はファンが作ってくれる最大のチャンス。ステージ上ではアイドルでいてほしかった」と嘆いた。

 有言実行の3連覇で終えた最後の総選挙。荒天で開票イベントが中止され、無観客開催に心を痛めた分、ファンへの感謝の思いがあふれ出た。

 「指原のファンの人は(いい意味で)頭がおかしいし、リミッターが外れてる。本当に頑張ってくれた。総選挙はファンの人が作ってくれる最大のチャンスなんです」

 この日は沖縄県内で雑誌の水着撮影を行い、選抜メンバーでさっそく初仕事。晴れやかな表情を見せる一方、総選挙で「結婚します」と発言して物議を醸し、近日中に会見する予定の須藤の言動には首をかしげた。

 指原は「会見を見るまで何とも言えない」と前置きしつつ、「個人的なことを言うと、ファンの方がかわいそう」とチクリ。自身もアイドルファンだからこそ、ファンの気持ちを置き去りにした行動は腑に落ちないようだ。

 須藤の結婚宣言を受けて、指原の先輩で卒業生の高橋みなみ(26)や大島優子(28)らもSNS上で怒りをあらわにした。

 指原は2012年、恋愛スキャンダルでAKBからHKTに移籍した後、総選挙で常勝メンバーになった経緯がある。しかし、「先輩方が怒っているのも事実。私もスキャンダルがあった立場だけど、先輩方が作ってくれたステージというのを考えてほしかった」と、一大イベントが結婚発表の場になったことに苦言を呈した。

 指原と須藤はともに頭の回転が速く、過激な言動でファンの心をくすぐるという共通点がある。

 「私もバラエティーで下品な発言をするけど、ステージ上はアイドルでいたいと思っている」

 須藤自身もオタク級にAKBグループが大好きで、門をたたいた。にもかかわらず、アイドルとして前代未聞のタブーに踏み込んだことに、指原は「ステージ上ではアイドルでいてほしかった」と自身のポリシーを何度も強調して呼びかけた。