ここから本文です

小野五段が連覇 高木五段を押し切る 静岡県アマ将棋名人戦

6/19(月) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第66期県アマチュア将棋名人戦(日本将棋連盟県支部連合会、静岡新聞社・静岡放送主催)の決勝トーナメントが18日、静岡市葵区で行われた。決勝戦で会社員小野友慈五段(31)=島田市=が将棋教室経営高木秀彰五段(63)=静岡市葵区=を下し、連覇を飾った。

 小野五段は9月に東京都で開かれる全日本アマチュア将棋名人戦に出場するほか、10月に静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館で行う将棋公開模範対局で佐藤天彦名人に挑戦する。

 決勝トーナメントは、リーグ戦とトーナメント戦で行われた予選を勝ち抜いた14人に、前回優勝の小野五段を加えた15人で争った。

 決勝は、先手の小野五段が得意の三間飛車で振る展開。中盤、相手の高木五段が痛恨のミスで銀を失うと、大きくリードした。終盤も隙のない指し回しで相手の反撃を封じた。

 小野五段は「指し慣れた陣形で、最後まで落ち着いて戦うことができた」と、戦局を振り返った。

静岡新聞社