ここから本文です

【K-1】乱闘会見から2カ月、大雅と皇治の因縁に決着

6/19(月) 7:10配信

イーファイト

「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」(6月18日 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)

【フォト】リングインするなりにらみ合った両者

▼第8試合 スーパーファイト K-1フェザー級 3分3R延長1R
〇大雅(TRY HARD GYM/第3代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも30-27
●皇治(SFK/ISKA世界ライト級王者)

 皇治は入場してきた大雅の前に立ちはだかり、にらみ合いを仕掛ける。大雅は入場を邪魔され、明らかにイラっときた表情を見せた。

 1R、開始と同時に前へ出て左ミドルを見舞う大雅。皇治は右ロー、右ミドルを返す。独特な前後へのステップを踏む大雅は、皇治のローに左ストレートを合わせる。ボディへのストレートを狙う皇治に、大雅は左ストレートを直撃。

 2Rも始まると同時に大雅飛び込んでの左ストレート。圧力をかける大雅に皇治もハイキック、右ミドルで対抗。

 大雅は皇治の攻撃をバックステップでかわし、一気に前へ出てパンチ&ロー。大雅がスピードのあるパンチとローで皇治を翻弄する。

 3R、お互いに相手がローを蹴るとパンチの連打で迎え撃つ。大雅のスピードある攻撃に皇治も打ち返すが、先手をとって手数も多いのは大雅。皇治の攻撃は空振りさせ、パンチ、右ハイ、ヒザ蹴りを打ってサッと離れる。

 スピードと手数で大雅が翻弄する形となり、ジャッジ三者とも30-27の大差をつけて大雅が因縁の相手との決着をつけた。

最終更新:6/19(月) 7:10
イーファイト