ここから本文です

福祉避難所のマニュアル 8月中に整備

6/19(月) 19:54配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本県は熊本地震で浮き彫りとなった福祉避難所の課題について、8月中に運営マニュアルを策定すると述べました。
「災害時に福祉避難所が機能を発揮するため、福祉避難所運営マニュアルを8月を目途に策定を進めている」(古閑陽一県健康福祉部長)
県内には一般の避難所での避難生活が難しい障害者や高齢者、妊婦などが利用する「福祉避難所」が461か所、指定されています。
しかし、熊本地震では福祉避難所の存在が知られていなかったり、福祉避難所が被災したりしたことなどで、実際にはおよそ2割の101か所しか開設されませんでした。
県は市町村や福祉団体からも意見を聞きながら、8月中にマニュアルを整備し研修や訓練で活用するなどして支援が必要な人の安全を確保する考えです。

RKK熊本放送

最終更新:6/19(月) 19:54
RKK熊本放送