ここから本文です

34歳城戸 準優勝に手応え「ケガもないし、まだまだやる」

6/19(月) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇スポニチ後援K―1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウエルター級 王座決定トーナメント~決勝 ●城戸 判定 アラゾフ○(2017年6月18日 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)

 ベテランの城戸が奮闘した。1回戦でウィーランにKO勝ちすると、昨年11月にKO負けしたダルベックとの準決勝はキックで相手の右足にダメージを与え、ローキックでKO勝ち。決勝では「何万回もやってきた」というバックステップからの左ストレートでダウンも奪った。

 優勝したアラゾフについて「重さとテクニックを兼ね備えた選手はいない」と脱帽しながら、準優勝で手応えはつかんだ。「特にケガもないし、まだまだやる」と34歳は胸を張った。