ここから本文です

「A Way Out」はE3 2017で最も思い切ったゲームなのかもしれない

6/19(月) 18:06配信

IGN JAPAN

「A Way Out」はE3 2017で最も思い切ったゲームなのかもしれない - Part 1

2005年の「スプリンターセル カオスセオリー」は私が最も好きなゲームのひとつだ。その大きな理由は、このゲームのユニークな2プレイヤーのCo-opモードで、完全に別々になっているプレイヤーたちは、スパイとして潜入したり、諜報活動をしたりするときも、悪人の息の根を止めるときも、必ずもう1人と協力しなければならなかった。UbisoftがそのようなCo-opモードを1本の新しいゲームにしてくれないかと願っていたが、悲しいかな、それはついに実現しなかった。
それから12年後、「A Way Out」は「カオスセオリー」のCo-opモードの画期的(かつ大胆)なアイデアを備えて発表された。ただし「A Way Out」はスパイものではなく、刑務所から脱獄するアクションアドベンチャーで、舞台は1970年代となる。2人のプレイヤーが必要で、分割された画面によるローカルまたはオンラインのCo-opでプレイする。制作を指揮するのは、2013年に初リリースされた素晴らしくエモーショナルな「ブラザーズ 2人の息子の物語」をもって、ゲーム界にも名を広めたスウェーデンの映画監督ジョセフ・ファレスだ。「ブラザーズ」は1人でもプレイできるが、2人の兄弟を同時に操作しなければならない。そして「A Way Out」ではソロプレイが不可能だ。

「A WAY OUT」画像・動画ギャラリー

ファレス監督は、冒険の始めから終わりまで、プレイヤー同士でコミュニケーションを密に取ってほしいと話した。
私は、キャラクター「レオ」として、「ヴィンセント」を操作するファレス監督と一緒に「A Way Out」をプレイしてみた。ファレス監督は、冒険の始めから終わりまで、プレイヤー同士でコミュニケーションを密に取ってほしいと話した。例えば、2人が強盗に入る予定のガソリンスタンドに着いたら(私はストーリーの全容を知らないので、ここでお金が必要な理由がわからなかったが)、誰が銃を持つかを2人で決めて、銃を持たせたいプレイヤーにアナログティックを向けなければならない。また、車から降りたら、ガソリンスタンドの周りや併設のコンビニ店内をうろついているNPCと話せるが、意味なく雑談することもできるし、その場を去るように仕向けることもできる(つまり、これから実行する強盗を目撃する傍観者が減る)。ここでもどうするべきか、2人で合意しなければならない。
プレイヤーはいつでも、好きなときに会話を切り上げることができる。また、環境にはちょっとしたアクションを起こせる仕掛けがたくさんあり、自分のキャラクターの理解に役立つものから、強盗をしたときに誰も通報できないように電話を不通にしておくなど、ミッションの遂行に役立つものまである。人を追い払えたと思ったところで、私はシャツの下に銃を隠し持ってレジ係に近づいて行った。レジの金を全部寄越せと彼女に命令すると、(彼女が言った通り)レジはほぼ空っぽだった。後ろのオフィスに金庫があるか尋ねたら、金庫はないというレジ係の様子が全く信用できないので、私は銃をレジ係に向け、その間にファレス監督は裏に回った。

パトカーのサイレンが鳴り始めたため、私たちは大急ぎで自分たちの車へと向かった。
オフィスの従業員がファレス監督のヴィンセントを取り押さえてしまったので、私は走って行ってそいつの顔にパンチを喰らわせようとしたが、自由になったレジ係がすぐさま銃を手に取ろうとした。私はなんとか彼女を阻止したが、そこで怒りを見せて金庫の暗証番号を聞き出すか、それとも冷静に説得するかを選ぶことができる。後者を選ぶと、レオは「あなたは頭のいい女性だ。金庫の番号を教えた方が良いことくらい、分かっているだろう」と話しかけた。
番号が分かったファレス監督が金庫を開けると警報が鳴った。私たちはすぐにガムボールマシンの近くにいた客が1人いなくなったことに気づいた。ファレス監督は、「その客を追え! 上に向けて発砲して、ヤツを脅して地面に伏せさせよう」と話したが、パトカーのサイレンが鳴り始めたため、私たちは大急ぎで自分たちの車へと向かった。こうして、さらにひどい目に遭う前にデモは終了した。

分割画面でのカットシーンは本当にユニークで、本作にシネマティックなスタイルを与えている。
「A Way Out」の中核は“多様性”だとファレス監督が熱心に強調している。車の運転やシューティング、ステルスなど様々なゲームプレイはあるが、同じことを2回することも、それぞれが長すぎることもないという。一方、分割画面でのカットシーンは本当にユニークで、本作にシネマティックなスタイルを与えている。ファレス監督はこの分割画面の表現は、ローカルだけではなくオンラインでプレイする場合も同じだと教えてくれた。相棒が何をしているかをあなたは常に見ることができるし、逆もまた同様だという。それじゃあ集中力が続かないのでは、と心配する人もいるかもしれないが、私が体験した限りでは、この分割画面で問題なくプレイできるので安心してほしい。
EAのE3カンファレンスで、「A

「A Way Out」はE3 2017で最も思い切ったゲームなのかもしれない - Part 2

Way Out」は主役の座をさらっていた。ファレス監督の熱意は、壇上でも、デモ中に閉まった扉の裏にいるときも常に強く感じられ、このユニークな新作のビジョンがよく伝わってきた。このように考えたのは私だけではないだろう。「スプリンターセル カオスセオリー」のCo-opを手がけた人たちもきっと、どこかで微笑んでいる。

Ryan Mccaffrey

最終更新:6/19(月) 18:06
IGN JAPAN