ここから本文です

映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹替え版に熊川哲也が出演

6/19(月) 17:44配信

CDジャーナル

 エッフェル塔の建設が進む19世紀末のフランス・パリを舞台に、バレリーナを夢見る少女の物語を描いたアニメーション映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月12日(土)より全国でロードショー。本作の日本語吹替え版に、バレエダンサーの熊川哲也が出演します。

 フランス映画『最強のふたり』の製作陣が初めてアニメーション映画に挑んだ本作。踊ることが大好きな少女“フェリシー”が親友の“ヴィクター”と新たな世界に飛び出して成長していく様子を描いています。オリジナル版のヴォイス・キャストを務めたのはエル・ファニング、デイン・デハーン、歌手のカーリー・レイ・ジェプセン。日本語吹替え版では土屋太鳳、黒木 瞳、夏木マリが吹替えを担当しています。

 バレエ学校のカリスマ指導者“メラントゥ”の声を務めた熊川は「フェリシーのバレエへのひたむきな情熱や、夢や希望へ向かっていく姿が心に染みました」とコメント。また自身もバレエを指導する立場であることから「(指導者は)根底に愛がなくてはいけないと思う。バレエに対する愛はもちろん、人間愛が必要だと思います」と語りました。さらに「奮闘するフェリシーがとても可愛らしく、ほっこりして癒されました。子供だけではなく、教育に携わる人、芸術家、子供をもつ親、すべての大人たちが共感できるシーンがあると思います」と述べています。

最終更新:6/19(月) 17:44
CDジャーナル