ここから本文です

ミラン、新契約を拒否したドンナルンマの売却を否定…“飼い殺し”の可能性も?

6/19(月) 12:52配信

GOAL

ACミランのスポーティングディレクター(SD)、マッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、今夏の移籍市場でジャンルイジ・ドンナルンマの放出を認めるつもりはないと語っている。

2018年夏までミランと契約が残っているものの、ドンナルンマはクラブと契約を更新しない決断を下した。それを受け、2017-18シーズンに向けミランに残るかどうかさまざまな憶測が飛んでいる。しかし、クラブ首脳陣は18歳の同選手をすぐに売却する意思はないようだ。

ミラベッリSDは『スポルティタリア』に「ドンナルンマはミランの選手だ。来シーズンも我々の下でプレーする」とサン・シーロのピッチに立ち続けると断言した。

しかし「彼がベンチに座るのか、それともスタンドで観戦するのかはコーチの決断に委ねている。もちろんこれは全選手に対して言えることだ。ドンナルンマだけに限らず、他の選手、それにこれから加入する選手も同様だ」とプレーするかしないかはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が決めると話している。

GOAL

最終更新:6/19(月) 12:52
GOAL

スポーツナビ サッカー情報