ここから本文です

キキが高校生に!「魔女の宅急便」モチーフにしたテレビCM放送開始

6/19(月) 11:00配信

映画ナタリー

角野栄子の児童文学「魔女の宅急便」をモチーフにした日清カップヌードルのアニメCM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」が、本日6月19日より全国で放送。YouTubeでも公開されている。

【写真】「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」(他27枚)

「魔女の宅急便」は13歳の魔女キキの成長を描いた作品で、1989年にスタジオジブリによってアニメ映画化され、2014年には実写映画化された。CMは、もしキキが17歳になり日本で高校生活を送っていたら、という設定になっており、彼女が同級生のとんぼに向ける淡い恋心が描写される。キキに声を当てたのは「君の膵臓をたべたい」の浜辺美波。梶裕貴がとんぼを演じた。

キャラクターデザインを担当したのはマンガ家、イラストレーターの窪之内英策。映画「星ガ丘ワンダーランド」や乃木坂46のMVで知られる柳沢翔が監督を務めた。そして、BUMP OF CHICKENが楽曲「記念撮影」を提供。同バンドのメンバーは「小さい頃から良く知っている作品なので、非常に嬉しく思いました。またキャラクターデザインは窪之内先生ということで、どのようなデザインになるのかとてもわくわくしました」とコメントを寄せている。

「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」のYouTubeでの公開期間は9月18日までとなっているので、気になる人は忘れずにチェックしよう。

BUMP OF CHICKEN コメント
「魔女の宅急便」をモチーフにしたCMに楽曲を提供した感想
小さい頃から良く知っている作品なので、非常に嬉しく思いました。
またキャラクターデザインは窪之内先生ということで、どのようなデザインになるのかとてもわくわくしました。

完成したCMを観た感想
すごく素敵なアニメーションでした。続きのストーリーまで気になってしまいました。

最終更新:6/19(月) 11:17
映画ナタリー