ここから本文です

【K-1】武尊と城戸、新スーパー・ウェルター級王者アラゾフに舌を巻く

6/19(月) 12:42配信

イーファイト

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』が、8,000人(超満員札止め=主催者発表)の観衆を集めて開催された。

【フォト】アラゾフの強烈なボディブロー

 新生K-1のさいたまスーパーアリーナ初進出となった今大会。スーパー・ウェルター級(-70kg)トーナメントを圧倒的な強さで制し、大きなインパクトを残したのがチンギス・アラゾフ(ベラルーシ)だ。

 アラゾフは1回戦で元Krush -70kg王者・中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット)、続く準決勝で現Krush -70kg王者・ジョーダン・ピケオー(オランダ)にKO勝ち。決勝ではWBKF世界70kg級王者・城戸康裕(谷山ジム)から3度のダウンを奪い、判定勝ちで優勝を決めた。

 全試合終了後の会見で、アラゾフは「今回のトーナメントは非常にレベルが高く、特にファイナルが面白い試合になったと思います」とコメント。決勝戦では2Rに城戸から左ストレートのカウンターでダウンを奪われるピンチもあったが、「2戦目(ピケオー戦)で右目を痛めてしまったこと、ちょっとしたミスも冒してしまったことが理由です」と振り返った。

 アラゾフに敗れて惜しくも決勝で涙を飲んだ城戸は、「最初にローをもらった瞬間に『なんだこいつ!』と思いましたね。クソ重かったです。前足を蹴られたローであんなに重たいのは今までで初めてです」とかなりの驚きを口に。「(作戦も)はめさせてくれなかった。技術レベルもとても高いし、パワーも兼ね備えたとんでもない化け物。パンチがどこから飛んで来るかも分からず、何をもらってダウンしたのかも全然分からなかったです」とアラゾフを評した。

 一方、この日の大会でブバイサ・パスハエフ(ロシア)からKO勝ちを収めたK-1フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)もアラゾフについてコメント。「1回戦から見ていました。めちゃめちゃ脱力が上手いですね。攻撃がすべて脱力から入り、インパクトの瞬間に力が入っています。一番理想的な打ち方を全ての攻撃でしていたので凄い選手だなと思いました。勉強になりましたね。打ち方を真似したいです」と絶賛した。

最終更新:6/19(月) 12:42
イーファイト