ここから本文です

【韓国】韓国の「ダイソー」、釜山に物流センター

6/19(月) 11:30配信

NNA

 韓国で生活用品の均一価格店「ダイソー」を運営する大創亜成産業が、釜山に物流センターを建設する。商品の迅速な配送体制を構築する。輸出入の拠点としての役割も果たす。
 事業費は1,950億ウォン(約191億円)。延べ床面積は10万5,000平方メートルと、2012年に完成した龍仁市(京畿道)の物流センターの1.6倍の広さ。19年の完成を目指す。釜山地域の協力会社も200社まで増やし、新製品の開発にも乗り出す。
 大創亜成産業は現在、韓国で1,180店舗を運営。3万点以上の生活用品を取り扱っている。韓国の貿易会社、韓日マンパワーが50.02%、「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)が34.21%を出資している。

最終更新:6/19(月) 11:30
NNA