ここから本文です

(ここに注目!)ブラジル大規模汚職 捜査拡大の陰に司法取引

6/19(月) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 政財界の癒着を巡る大規模な汚職スキャンダルが南米の大国ブラジルを揺るがしている。発覚から3年余りで、有力政治家や企業幹部ら270人以上が起訴され、言い渡された有罪判決は140件余り。政治家が長年にわたり巨額の賄賂を受け取ってきた実態が次々と明らかになっている。
 疑惑にはテメル大統領の名も挙がり、検察が収賄容疑などで捜査に着手。五輪招致を成功させ、一時は8割超の支持率を誇ったルラ元大統領はすでに5回も起訴されている。
 汚職に対する国民の怒りと政治不信を背景に、昨年はルセフ前大統領が弾劾(だんがい)裁判で罷免(ひめん)された。……本文:1,593文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社