ここから本文です

リゾート襲撃で4人死亡=当局、イスラム過激派と交戦―マリ

6/19(月) 7:30配信

時事通信

 【バマコAFP=時事】マリの首都バマコ東郊で18日、武装したイスラム過激派の一団が外国人に人気のリゾート施設を襲撃する事件があり、トラオレ治安相によれば、少なくとも4人が死亡した。

 うち1人は、フランスとガボンの二重国籍。また客や従業員など36人を救出。そのうちフランス人とマリ人がそれぞれ約半数を占めたという。

 治安部隊が武装グループと交戦し、住民らによると、現場から煙が上がり、少なくとも建物1棟が炎上した。解放された複数の目撃者は襲撃犯について、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたと証言した。 

最終更新:6/19(月) 11:44
時事通信