ここから本文です

ホーム最終戦 ホンダが快勝 JFL第14節

6/19(月) 8:25配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 日本フットボールリーグ(JFL)は18日、第1ステージ第14節5試合をホンダ都田サッカー場などで行った。ホーム最終戦のホンダFCはブリオベッカ浦安に2-0で完勝した。最終節で勝利すれば優勝が確定する。

 ホンダFCは前半43分、相手のクリアボールを佐々木が押し込み先制。後半13分には、栗本のパスを受けた佐々木が再びゴールを決めた。



 ホンダFC(35) 2(1―0 1―0)0 ブリオベッカ浦安(9)

 ▽得点者【ホ】佐々木2



 ■ルーキー活躍 前期Vへ前進

 今季から加入したDF佐々木=桐蔭横浜大=が2得点を決め、首位のホンダFCがブリオベッカ浦安に完勝した。2位のソニー仙台FCも勝ったため、第1ステージ優勝は最終節に持ち越したが、栄冠へ大きく前進した。

 ルーキーが確実に仕事を果たした。先制の場面では、MF富田のクロスが相手にヘディングではじかれると、こぼれ球に右足で反応。2点目はゴール前の空いたスペースに入り込み、MF栗本のパスを流し込んだ。佐々木は「点を決めるだけだった。みんなに感謝したい」と喜んだ。

 スピードを武器にサイドバックとして頭角を現し、今季中盤からスタメンに定着。鈴木主将も「長所を発揮しているので、チームに新しい攻撃の形が生まれている」と活躍を認めた。

静岡新聞社