ここから本文です

新海美優、初Vお預け2位…大逆転狙うも17番ダボで終戦

6/19(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・ニチレイ・レディース・最終日」(18日、袖ケ浦CC新袖C=パー72)

 通算11アンダー単独首位から出たテレサ・ルー(29)=太陽生命、台湾=が4バーディー、3ボギーの71でまとめ、通算12アンダーで逃げ切り優勝。今季2勝目、通算14勝目を挙げた。4打差2位から逆転の初優勝を目指した新海美優(21)=広島CC=は、イーブンパー72とスコアを伸ばせず、葭葉ルミ、武尾咲希と並んで2位だった。

 トラブルに泣いた。新海はルーとの差が開いても「最後まで諦めないでプレーする」と心に決めて食い下がったが、17番パー3で悪夢が待っていた。

 ティーショットを左の12番ホールまで曲げ、林を抜くことができないと判断。1罰打のアンプレアブルを宣告して12番のフェアウエーを残り90ヤードまで下がって打った第3打は、グリーンを捕らえたものの、ダブルボギーにしてしまった。

 大逆転の優勝なら堀琴音、柏原明日架らがいる14年プロテスト合格組で一番乗りだったが、優勝争いの重圧の中、ルーに格の違いを見せつけられた。

 「優勝争いが初めての経験だったので、いつもだったら簡単に乗る距離が乗らなかったり、17番のミスが出たり、いろいろなことが起こるんだなと思った。でも、1日落ち着いてプレーできたのは収穫です」

 初Vは逃がしたが、2位タイ賞金を獲得し、今季の賞金額は約1699万円に。初シードへは大きく前進した。