ここから本文です

西野七瀬がゾウと友達に!?「乃木坂46」が“タイ女子旅”を満喫

6/19(月) 19:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「乃木坂46」が6月19日、新たなタイの魅力を発信するタイ観光大使に就任することになり、メンバーの齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理が、東京・アキバホールでの任命式に臨んだ。ステージに上がると「サワディー・カー」とタイ語で挨拶。西野は充実の旅を振り返り、「皆さんも“新しいタイ”を見つけに遊びにいってほしいです」と満面の笑みでアピールしていた。

【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

 この日は、タイのバンコク、アユタヤ、プーケットを中心としたプロモーション動画「こんなタイ知らなかった」がお披露目された。西野らが3グループに分かれて、各地域で旅を満喫する様子をとらえた内容。動画は本日開設されたオリジナルサイト(http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/)で視聴可能で、Instagramのオリジナルアカウント(tat_nogizaka46)にはメンバーのオフショット画像などが投稿されていく(初投稿は本日午後9時頃を予定)。

 齋藤、堀、新内はバンコクを訪問。「街並みがとてもカラフル。特に好きだったのは、街中を走るトゥクトゥク(三輪タクシー)。日本では見られない光景が広がっていました」(齋藤)、「どこで写真を撮ってもちゃんとおしゃれに写るんです」(新内)と色彩豊かなバンコクに「皆浮かれていました(笑)」とニッコリ。一方、堀は体調を崩してしまったようで「病院の方だけでなく、宿泊していたホテルの従業員の方々からも、親切に接して頂きました」と現地の人々の人柄にも魅力があることを明かしていた。

 西野とともにアユタヤ遺跡を訪れた高山は「到着した瞬間に圧倒されました。RPGのゲーム世界に入ってしまったような感覚だった」という。ゾウと一緒にキービジュアルの撮影に臨んだ西野が「私と年齢が近かったみたいで、触れ合うのがすごく楽しかった」と語ると、高山は「なーちゃんと本当に仲良くなってて、じゃれてきていましたね」と述懐。さらに2人で自撮りを行った際には「カメラを構えたらポーズをとってくれたんです!」と驚きのエピソードを披露していた。

 プーケットへ行った白石と松村は、シャンパンを堪能するなど、ほかのメンバーと比べて“大人”の旅になった模様。2人は旅の最中、互いに何枚も写真を撮りあったようで「白石とプーケットの相性が最高」と松村は興奮気味に語っていた。さらに、白石の魅力を改めて問われると「存在していることがすごい」「こうやって生きていて、隣で触れること自体がすごい」と愛を爆発させると、白石は報道陣に向かって「すいません(笑)」と困った様子ではにかんでいた。

最終更新:6/19(月) 19:00
映画.com