ここから本文です

【女子ゴルフ】葭葉ルミが全米女子OPに燃える理由

6/19(月) 16:45配信

東スポWeb

 国内女子ツアー「ニチレイレディス」最終日(18日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C=パー72)は、テレサ・ルー(29=台湾)が通算12アンダーで今季2勝目、通算14勝目を挙げた。71で回った葭葉(よしば)ルミ(24=富士住建)は通算7アンダーの2位タイとなり賞金約581万円を獲得。今季初のトップ10入りで生涯獲得賞金も1億円の大台を突破し、7月13日開幕のメジャー「全米女子オープン」に向けて弾みをつけた。日本の女子ツアーは海外メジャーでの獲得賞金を賞金ランクに加算しないため、資格があっても出場しない選手がいる。それでも「あの雰囲気が良くて、刺激がもらえるから」という葭葉は予選会に挑んで資格を得た。

 その大舞台では、契約するナイキから4日間のウエアとシューズをコーディネートしてもらえる。すべて新品で、デザインやカラーは今後発売される新作も含まれる。どの日に何を着用するかも決まっているが、予選落ちしてしまうと週末の2日分が無駄になってしまう。それだけに、好調を維持して大会を迎えたい思いは強い。

 前週まで15試合で予選落ちが6回と低迷。それが今大会のたった3日間で、開幕から3か月で得た賞金以上を稼ぎ出した。「全米女子オープン」には2年前に初出場して14位だったが、当時はナイキと契約していなかった。大舞台でのV争いで“晴れ着”を大いにアピールしたいところだ。

最終更新:6/19(月) 16:45
東スポWeb