ここから本文です

「魔女の宅急便」キキが女子高生になったら…新アニメCMが話題

6/19(月) 18:22配信

シネマトゥデイ

 アニメ映画化、実写映画化もされた人気作品「魔女の宅急便」が、カップヌードルの新CMとして再びアニメ化。「もしキキが17才の女子高校生になって高校生活を送っていたら?」というアナザーストーリーが展開する同CM映像は、オンエアを開始した19日にTwitterのトレンド欄に浮上するなど話題を呼んでいる。

【画像】高校生になったとんぼ 「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便」

 新CM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便」のアニメーション制作はタツノコプロが担当。17才となったキキたちのキャラクターデザインは、「ツルモク独身寮」「ショコラ」などの窪之内英策が手掛けた。映像中に登場するキキ&とんぼの声優は、気鋭の女優・浜辺美波(映画『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』『君の膵臓をたべたい』など)と、人気声優の梶裕貴(「進撃の巨人」など)がそれぞれ務めている。

 海の見える街で黒猫・ジジと暮らす17才の女子高校生・キキ。高校の同級生のとんぼに淡い恋心を抱いていた彼女は、とんぼが後輩の女子に告白される場面を偶然見てしまう。とんぼと過ごした日々がフラッシュバックして、ざわつく心。意を決したキキは、とんぼに向かって「お届け物があるの」と告白する。“もしも”のお話が描かれるCM映像は、人気バンド BUMP OF CHICKEN のオリジナル楽曲「記念撮影」に合わせて進んでいく。

 楽曲を提供した BUMP OF CHICKEN は、「小さい頃から良く知っている作品なので、非常に嬉しく思いました。またキャラクターデザインは窪之内先生ということで、どのようなデザインになるのかとてもわくわくしました」と喜び。また完成した映像を見て、「すごく素敵なアニメーションでした。続きのストーリーまで気になってしまいました」とも語っていた。(編集部・井本早紀)

最終更新:6/19(月) 18:22
シネマトゥデイ