ここから本文です

真夏並みの暑さ、7地点で今年最高観測 滋賀

6/19(月) 22:30配信

京都新聞

 滋賀県内は19日、強い日差しが降り注ぎ、大津市で最高気温32・5度を記録するなど7月上旬~8月上旬並みの暑さになった。同市内では和菓子用に植えられた梅の収穫が始まり、みずみずしい緑の実がもぎ取られている。
 彦根地方気象台によると県内は高気圧に覆われ、大津市をはじめ、甲賀市土山町で30・4度となるなど県内7地点で今年最高気温を観測した。
 大津市大石龍門4丁目の叶匠寿庵「寿長生(すない)の郷(さと)」では、約千本の梅林で来場者が梅狩りを楽しんでいる。今年は雨が少なくまだ小ぶりだが、大粒になる6月末からは、従業員が和菓子用に収穫するという。梅狩りは有料。

最終更新:6/19(月) 23:12
京都新聞