ここから本文です

高級リゾートで銃乱射、2人死亡 西アフリカ・マリ

6/19(月) 10:05配信

朝日新聞デジタル

 西アフリカ・マリの首都バマコ郊外で18日、イスラム過激派とみられる武装グループが高級リゾート施設を襲撃し、ロイター通信によると、2人が死亡した。マリの治安当局が襲撃した5人を射殺したという。

 被害者2人のうち1人はフランスとガボンの二重国籍。武装グループは人質を取ったが、36人の客が救出されたという。リゾートは主に外国人らが週末の休みなどに利用する施設という。目撃した施設の警備員によると、グループは同日午後3時40分ごろ、バイクや車でリゾートに侵入。「神は偉大なり」と叫び、銃を乱射したという。

 バマコでは2015年11月、高級ホテルが襲われ、外国人宿泊客ら約20人が死亡する事件が起きた。

朝日新聞社