ここから本文です

ランボルギーニ、本社工場に音響テスト施設…スーパーカーサウンドを追求

6/19(月) 15:00配信

レスポンス

イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニは6月15日、イタリアのサンタガタ・ボロニェーゼの本社工場に、音響テスト施設を開所した。

画像:ランボルギーニ本社工場の音響テスト施設

『アヴェンタドール』のV型12気筒エンジン、『ウラカン』のV型10気筒エンジンと、ランボルギーニの市販車は、刺激的なエンジンサウンドに定評がある。今回開所した音響テスト施設は、ランボルギーニらしいスーパーカーサウンドのさらなる追求を行うための施設。

最新の技術基準に基づいて設計された音響テスト施設は、典型的なランボルギーニの運転体験を作り出すために、特定の音感を調整することができる。

また、この新しい施設は、ランボルギーニのアイデンティティの1つである軽量構造部品の音響調整もサポート。新しい施設は、将来の車両コンセプトやパワートレインの開発にとって、重要な役割を果たす。

ランボルギーニのサンタガタ・ボロニェーゼの本社工場では、新型SUV『ウルス』の生産準備のための継続的な成長の一環として、プロトタイプおよびプリシリーズの車両開発分野を大幅に拡大。既存の建物は、5000平方mから7000 平方mに拡張されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/19(月) 15:00
レスポンス