ここから本文です

韓国の有給取得率 6年連続世界ワースト=経済・雇用効果喪失

6/19(月) 13:49配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が労働者の休む権利を重視する中、韓国の有給休暇の取得率は61%にとどまり、法律で定められた休暇も十分に取れていない実態が明らかになった。

 韓国文化観光研究院が19日発表した研究結果によると、韓国の会社員は2013年の1年間に平均14.2日の年次休暇が与えられたが、このうち使われたのは8.6日(60.6%)だった。

 1人当たりの残余休暇5.6日に会社員全体の1923万人を掛けると、1年間に1億日の休暇が使われずに消えていく計算だ。

 労働基準法は、1年間に80%以上出勤した労働者に15日の有給休暇を、1年に80%未満勤務した人には、1か月皆勤時に1日の有給休暇を与えるよう規定している。

 世界最大級のオンライン旅行会社「エクスペディア」(米国)が16年に調査・発表した、「世界主要28カ国の有給休暇使用実態」でも類似した結果が出た。

 同社の調査では、韓国の労働者は15日中8日を使用したと集計され、韓国はこの調査で6年連続世界最下位となった。

 この調査によると、世界の有給休暇使用日数は平均20日に上る。休暇使用日数が10日未満の国は韓国が唯一だった。

 同院のキム・ジハク主任専門員は「韓国の労働者は労働時間が非常に長いが、休暇をきちんと使用できない上に余暇時間も相対的に少なく、仕事と余暇の不均衡が深刻だ」と指摘した。

 その上で、労働者が法律で規定されている年次休暇を全て使用すれば、相当な規模の雇用創出と経済的波及効果を生むことができるとの見通しを示した。

 文在寅大統領は大統領選で「韓国の労働者は15年の経済協力開発機構(OECD)の平均より330時間、ドイツより740時間多い2113時間働いたが、法定有給休暇の15日中6日しか休まず、休みが最も少なかった」と指摘した。

 また「使用しなかった年次休暇5~6日を全て使用すれば20兆ウォン(約1兆9580億円)に上る経済波及効果が生じ、雇用創出効果も38万人に達する」と述べた。

最終更新:6/19(月) 14:12
聯合ニュース