ここから本文です

日比谷尚武氏、ナイルWebコンサルティング事業部の広報・PR戦略顧問に就任

6/19(月) 12:24配信

ITmedia マーケティング

 SEOとコンテンツマーケティングなどWebコンサルティング事業を展開するナイルは、2017年6月1日にSansanコネクタの日比谷 尚武氏が同社Webコンサルティング事業部の広報・PR戦略顧問に就任したことを発表した。

 日比谷氏は学生時代より、フリーランスとしてWebサイト構築、ストリーミングイベントなどの企画運営に携わり、その後NTTグループにてICカードや電子マネーシステム開発などのプロジェクトに従事。2003年にWebのシステム開発を手掛けるKBMJに入社してから取締役として会社規模が10名から150名に成長する過程で開発マネジメントから営業、企画、マネジメント全般を担った。そして2009年からクラウド名刺管理のSansanに参画し、マーケティングと広報機能の立ち上げに従事。現在はコネクタ/名刺総研所長/Eightエヴァンジェリストという肩書を持ち、社外への情報発信を務めている。

 ナイルはWebマーケティング支援とWebコンテンツ制作を強みとしており、B2Bマーケティングと広報で経験豊富な日比谷氏の参画によって、広報やPRの理解を深め、企業のブランド形成に貢献するコンサルティングを実現することを目指す 。

 大企業ではマーケティングと広報の担当部署が異なり、本来は密接な関係にあるはずの両者が分断されてしまいがちだ。例えばコンテンツマーケティングではユーザーリサーチや市場調査を経て戦略を企画に落とし込むが、その過程に広報関係者が関わらないことが多く、せっかくの企画やコンテンツを十分に活用できていないといった課題を抱える企業が少なくない。

 そこで、日比谷氏の知見を生かしてマーケティングと広報を掛け合わせたサポートにより、企業の新しいビジネスやサービスの浸透、促進に貢献していく方針だ。