ここから本文です

<福岡・筑紫野>乗用車が分離帯乗り越え衝突 軽の男性死亡

6/19(月) 11:49配信

毎日新聞

 19日午前6時10分ごろ、福岡県筑紫野市針摺東3の国道3号で、乗用車が中央分離帯を乗り越えて対向車線にはみ出し、軽乗用車に衝突した。軽乗用車には後続の普通貨物車も追突した。軽乗用車を運転していた同県太宰府市朱雀4の会社員、小島秀二さん(48)が全身を強く打って約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 福岡県警筑紫野署によると、現場は片側2車線の直線道路。乗用車を運転していた同県小郡市の看護師の女性(74)と普通貨物車を運転していた同県大野城市大城3、建設業、佐伯秀則さん(66)は胸などに打撲の軽傷を負った。女性の乗用車は中央分離帯の植え込みを乗り越えており、原因を調べている。【柿崎誠】

最終更新:6/19(月) 12:53
毎日新聞