ここから本文です

【K-1】快挙!野杁が絶対王者ゲーオ下し王座奪取

6/19(月) 16:45配信

東スポWeb

 新生K―1「K―1 WORLD GP 2017 JAPAN」(18日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で野杁正明(24)が“絶対王者”ゲーオ・ウィラサクレック(32=タイ)を下し、スーパーライト級王座奪取に成功した。

 野杁は昨年6月トーナメントの準決勝でゲーオに判定負け。その後はリベンジを狙い、海外で試合を行うなど研さんを積んだだけに、この日は何よりも勝ちを優先した。慎重に試合を進めて細かいローキックでダメージを蓄積させ、3Rになるとゲーオの右太ももは内出血で紫色に変色した。

 しかし両者決定打を放てず、延長Rに突入。野杁はここでもローキックで左足を攻めると、ゲーオはたまらずクリンチを繰り返してレフェリーから注意を受けた。KOで仕留めることはできなかったが、手数で上回った野杁が判定2―1で勝利。ベルト奪取に成功するとともに、2005年の日本初登場から続くゲーオの対日本人連勝記録をついにストップさせた。

 野杁は「全体的につまらない試合になってしまったが、今回はどんな内容でも勝ちたかった」とホッとした表情。今年2月に長女の莉緒菜ちゃんが生まれたばかりで、父の日に王座奪取を果たした“新米お父さん”は「家族ができたので勝って稼いでいかないといけない」ときっぱり。今後に向けて「必ず、絶対王者として防衛していきたい」と子育て資金を稼ぐべく長期政権を誓った。

最終更新:6/19(月) 16:45
東スポWeb