ここから本文です

「自分で自分守る意識もって」 下京さくらポリスがイオンモールで防犯教室 京都

6/19(月) 7:55配信

産経新聞

 駅や大型商業施設で女性を狙った犯罪が多発する中、ショッピングモール「イオンモールKYOTO」(京都市南区)で、下京署の女性警察官でつくる「下京さくらポリス」による防犯教室が開かれた。

 同モールで働く女性の多くが通勤に利用するJR京都駅(下京区)で盗撮や痴漢が多発していることから、同教室が開催された。

 教室には、同モールの店舗で働く女性従業員約40人が参加。さくらポリスの河奥祥子警部がスライドを使い、痴漢に遭わないための注意点や実際にあった盗撮の事例などを紹介した。

 その後、さくらポリスのメンバーが暴漢に腕を捕まれた際の振りほどき方や逃げ方などを実演し、参加者も2人1組で体験。参加した奈良県広陵町の立野尚美さん(36)は「被害に遭ってもパニックにならず、この防犯教室で学んだことを思い出して対処したい」と話していた。

 河奥警部は「自分で自分を守る意識をもって、被害防止に役立ててほしい」と話していた。

最終更新:6/19(月) 7:55
産経新聞