ここから本文です

谷川岳下山中に滑落 長野の59歳男性重傷 群馬

6/19(月) 7:55配信

産経新聞

 18日午前11時50分ごろ、みなかみ町湯桧曽の谷川岳登山道の標高約1400メートル付近で、長野県松本市宮田の会社員、中村正一さん(59)が滑落、右太ももの骨を折るなどの重傷を負った。

 沼田署によると、中村さんは、仕事仲間らと計3人で下山する際に登山道にあった残雪に足を滑らせ、約10メートル滑落したという。仲間が携帯電話が通じるところまで下山し、同日午後1時40分ごろ、110番通報し同3時過ぎに県防災ヘリで救助され、病院に運ばれた。事故当時、現場周辺には霧は立ちこめていたが、雨などは降っていなかったという。

最終更新:6/19(月) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ