ここから本文です

広島・丸、交流戦打率トップ死守「この後、打てないと意味がない」

6/19(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、広島4-7ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、18日、マツダ)丸は4打数1安打1四球。交流戦の打率は・411で、トップをキープした。3位の武田(オリックス)が打率・396(53打数21安打)で、19日のDeNA-オリックス(横浜)の試合で、“交流戦首位打者”の行方が決まる。丸自身は「この後、打てないと意味がない」と興味を示さなかったが、チームの成績については「ある程度、貯金がつくれた」と胸を張った。

スポーツナビ 野球情報