ここから本文です

ベッキーが赤&黒の忍者姿で網タイツ美脚披露 撮影では「ムチでセットを壊した」

6/19(月) 19:50配信

東スポWeb

 タレントのベッキー(33)が19日、都内で行われた映画「JKニンジャガールズ」(7月17日公開)の完成披露試写会に登場した。

 アイドルグループ「こぶしファクトリー」が主演を務める同作。昨年の不倫騒動による芸能活動自粛から復帰後、初の演技の仕事となったベッキーは、忍者のスパルタ教官役を務めた。

 劇中と同じ赤と黒の忍者姿で登場し、オファーについて「とにかくうれしくてありがたかった。気合を入れなくちゃと臨んだ」と感謝。「だからムチでセットを壊したと思う」と撮影秘話を明かし「美術さんに謝った」と話した。

 共演の温水洋一(53)を見下ろすシーンがあり、温水は「ゾクッとした」と回顧する。ベッキーはそのシーンについて「愛はあったかな」と首をかしげ「あった」と返されると「ありましたね」と応じた。

 ベッキーは関西弁にも挑戦したが「方言の時、言語指導の先生がいらっしゃるのに、監督もひどい。『適当で』と」とメガホンを取った佐藤源太監督に“文句”をつけて会場を笑わせた。

 共演は他に女優の浅野ゆう子(56)、俳優のマギー(45)ら。

最終更新:6/19(月) 19:50
東スポWeb