ここから本文です

【小・中学校将棋団体戦】山梨県大会 増穂小、梨大付中がV

6/19(月) 7:55配信

産経新聞

 文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦(主催・日本将棋連盟、産経新聞社)の県大会が18日、甲府市朝気の県男女共同参画推進センター(ぴゅあ総合)で開かれた。

 熱戦の末、小学校の部(Aクラス)は、増穂小(富士川町最勝寺)の今村暁君(4年)、海野春佳さん(5年)、井上陽木君(4年)のチームが優勝した。主将の今村君は「苦しい局面もあったがチーム一丸で勝ちきることができた」と勝利を喜んだ。

 中学校の部は、山梨大付属中(甲府市北新)の小林司さん(2年)、玉田直暉さん(1年)、海野雪乃さん(1年)のチームが優勝した。主将の小林さんは「3人が落ち着いて戦い、力を出し切ったのが勝因」と振り返った。

 増穂小、山梨大付属中の両チームは、7月24日に大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催される東日本大会に出場し、8月の全国大会を目指す。

 県大会は、同一の小・中学校の3人で構成するチームによる対抗戦。小学校の部は東日本大会を目指すAクラス(5チーム)とBクラス(29チーム)、中学校の部(5チーム)が出場した。

最終更新:6/19(月) 7:55
産経新聞