ここから本文です

ビッグデータを活用した都市マネジメント、NTTら3社が日本橋で実証実験

6/19(月) 13:01配信

ITmedia エンタープライズ

 日建設計総合研究所(NSRI)、日本電信電話(NTT)、三井不動産は6月15日、日本橋室町地区で、ビッグデータを都市開発や課題解決、活性化に生かす情報活用プラットフォーム「AI×AI(アイアイ、仮称)」の実証実験を行うと発表した。

【コレド室町1における人流把握実験の結果】

 AI×AIは、都市活動に関するさまざまなビッグデータをNTTグループのAI技術「corevo」で解析し、コミュニティー、交通、エネルギーなどの課題に応じて、最適なソリューションを導き出すことを目指している。ユーザーにとっての快適さや使いやすさという視点を重視しながら、実際の都市開発やエリアの計画、維持管理に関する活動を効率化するアルゴリズムを構築する。

 ビッグデータの解析については、特に、商業施設などの不特定多数の人々が集まる場での人の流れに着目。ライブに把握された人流データと他のデータを組み合わせることで、さまざまソリューションが得られるという。

 例えば、人流の粗密に応じた空調制御やエレベーターなどの運行の最適化、清掃仕様の最適化、イベントの魅力向上による賑わいの形成などが挙げられ、これらを活用することがマネジメントの最適化につながるとしている。

 実証実験に向けた事前調査として、3社は事前調査を実施し、オフィス、住宅、商業施設など、多様な都市機能が集積する東京・日本橋のコレド室町1で、人流を測定し、ビルのマネジメントデータと組み合わせた分析を行った。その結果、時間、場所ごとの人流に基づいて空調を制御することで、来訪者が快適に感じる体感温度レベルを維持しつつ、空調に使用するエネルギーを大幅に削減といった効果を確認した。

 3社は引き続き、事前調査で得られたデータを基に調査対象エリアを広げ、将来的には、空港やターミナル駅、スタジアムなど、さまざまなエリアや施設に展開することを視野に入れているという。