ここから本文です

FCAジャパン、クライスラー車撤退報道にコメント

6/19(月) 13:29配信

ITmedia NEWS

 FCAジャパンは6月19日、同社が2018年にクライスラー車の国内正規販売から撤退するという一部報道に対して「決定した事実はない」とコメントした。

 同社は、「ジープに経営資源を集中する方針は公表しているが、クライスラー車の取扱いについて決定した事実はない」とし、クライスラーの国内取扱いについては今後決定次第報告するとしている。

 伊フィアットと米クライスラーの日本法人が合併して設立されたFCA(Fiat Chrysler Automobiles)ジャパンは現在、アルファロメオ、クライスラー、フィアット、ジープ、アバルトの5ブランドを輸入販売している。

最終更新:6/19(月) 13:58
ITmedia NEWS