ここから本文です

【担当記者の目】残留を予感させていた中居…元SMAP3人退社

6/19(月) 10:00配信

デイリースポーツ

 ジャニーズ事務所が18日、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛志(42)、香取慎吾(40)の3人の専属マネジメント契約が9月8日をもって終了することを発表した。3人は今後、SMAP“育ての親”とも言われた元女性マネジャーの事務所への移籍が予想される。

  ◇  ◇

 ソロ活動の充実ぶりが、中居の残留を予感させていた。

 テレビのレギュラー番組5本にラジオ、CM合わせて8本の仕事を持つ、売れっ子の中居はソロ活動後に新CM決定、侍ジャパン公認サポートキャプテン就任。テレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」は生放送でゴールデン昇格と勢いづいた。同番組の会見では解散騒動を突っ込まれても、笑いに変えて切り抜けるなど余裕を感じさせた。

 今年入所30年の中居は、15年のジャニー社長誕生日会に元SMAPメンバーで唯一、参加した。後輩グループKis-My-Ft2との共演も多く、派生ユニット「舞祭組」をプロデュースするなど仲間との交流も深い。ソロになり、改めて事務所を去ることの難しさを感じたようだ。

 一方、退社する3人は会見もファンの前に立って話をする機会もないという。功労者でもある彼らが、静かにジャニーズを去るのはあまりに寂しい。(デイリースポーツ担当記者)