ここから本文です

アメコミ「ジャスティスリーグ」が世界初の漫画化! 6月19日発売のチャンピオンRED8月号で連載スタート

6/19(月) 14:02配信

ねとらぼ

 DC COMICSを代表するキャラクター、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなどが集結した「ジャスティスリーグ」が日本で世界初の漫画化。6月19日発売のチャンピオンRED8月号で「バットマン アンド ジャスティスリーグ」の連載がスタートしました。

【画像:公開された漫画「バットマン アンド ジャスティスリーグ」の紙面】

 ジャスティスリーグとは、バットマン、スーパーマン、などの人気キャラクターからなるスーパーヒーローチームで、DC COMICSの大人気アメコミ作品。

 そんなジャスティスリーグを世界で初めて漫画化した作品が「バットマン アンド ジャスティスリーグ」です。漫画を担当するのは「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」シリーズの手代木史織さん。近年日本のイラストレーターや漫画とのコラボが話題となっているアメコミ界にとっても、今回の漫画連載はかなり画期的なものとなりそうです。

 今回の発表ではメインキャラクターとなるバットマンを中心に、イケメン度がアップしたスーパーマン、セクシーにほほ笑むワンダーウーマン、パワーリングを輝かせるグリーンランタン、今にも走り出しそうなフラッシュ、たくましいサイボーグ、金髪をなびかせるアクアマンが描かれたジャスティスリーグのメンバーのイラストを公開。さらに気になる漫画の内容も一部も解禁されました。

 ストーリーは、ジョーカー率いるヴィラン連合から地球を守るため、ゴッサムシティに集結したジャスティスリーグを描いたものとなるといい、バットマンは運命にあらがうのか、受け入れるのかという究極の選択を迫られるとのこと。果たしてジャスティスリーグの運命やいかに。

 チャンピオンRED8月号は特別価格820円で発売中です。

TM & (C)DC COMICS.All Rights Reserved.

最終更新:6/19(月) 14:02
ねとらぼ