ここから本文です

イタリア裁判所、氷漬け保存はロブスターに「不当な苦痛与える」

6/19(月) 15:29配信

ロイター

[ローマ 16日 ロイター] - イタリア最高裁は16日、調理前のロブスターを氷漬けにして保存するのはロブスターを不当に苦しめることになるとして、レストランオーナーに罰金支払いを命じた。

動物保護団体の主張を受け入れたもの。同団体は、生きた甲殻類を氷で冷やして保存しているフィレンツェのレストランオーナーを相手取り、2000ユーロ(約25万円)の罰金と裁判費用3000ユーロの支払いを求めていた。

最高裁は、生きたまま調理されるからといって、その前に不当に扱っていいことにはならない、との下級審の判断を支持した。

判決文は「通常用いられる調理方法は法的に問題ないが、調理されるのを待つ間拘束して苦痛を与える方法は正当化できない」と述べた。

最高裁は、高級レストランやスーパーでは、ロブスターなど甲殻類を冷蔵状態で保存するのではなく、酸素が供給される貯水槽で室温で保管するのがすでに一般的になっている、とも指摘した。

最終更新:6/19(月) 15:29
ロイター