ここから本文です

【ユニコーンS】ノヴァ鬼脚V!戸崎は重賞含む1日5勝

6/19(月) 6:01配信

スポニチアネックス

 3歳ダート重賞「第22回ユニコーンS」が18日、東京競馬場で行われ、2番人気のサンライズノヴァが直線で突き抜けて圧勝。騎乗した戸崎はこの日、重賞を含む5勝と大活躍だった。

 日曜のお立ち台に“圭太スマイル”が帰ってきた。新馬V以来のコンビとなったサンライズノヴァを勝利に導き、笑顔がはじけた戸崎。レース後、開口一番「久しぶりで(勝利ジョッキーインタビューがあるのを)すっかり忘れちゃってたよ」と冗談を飛ばした。4月9日の京葉S以来の日曜メイン勝利は、人馬の飛躍を予感させる4馬身差の圧勝劇だった。

 体勢を崩した瞬間にゲートを切られ出遅れたが、中団後ろにつけると慌てずドッシリ構えて追走。「道中は凄くいい形だったし、何頭か行く馬がいるので、その後ろでと思っていた」と戸崎。その読み通り、前半3Fが34秒1のやや速いペースの中で脚をためると、跳びの大きい走りを生かすべく直線手前で早めのゴーサイン。「長くいい脚を使えるし、追うごとに伸びていく手応えがあった」。戸崎のゲキに応え、ノヴァがグングン脚を伸ばす。上がり3F35秒4はメンバー最速。唯一35秒台の鬼脚が鮮やかに前にいた11頭を抜き去った。

 近2戦で勝ち切れなかった鬱憤(うっぷん)を晴らす勝利に「これくらいはやれると思っていた。戸崎君が力を引き出してくれた」と音無師。次走は7月12日、大井2000メートルのG1「ジャパンダートダービー」で3歳砂王の座を狙う。

 この日、戸崎は重賞を含む1日5勝の固め打ち。計74勝でリーディングジョッキー争いでもルメールに勝ち星で並び、2着の回数で2位に浮上した。1位のM・デムーロが阪神で4勝したため、まだ7勝差を追いかける身だが「昨年も夏は良かったから今年も頑張りたい」と4年連続リーディング獲得へ巻き返しを誓う。昨年は7月以降、重賞6勝2着4回の10戦連続連対を記録。7月8日生まれの“夏男”が本領を発揮した。人馬とも飛躍の夏となるか注目だ。

 ◆サンライズノヴァ 父ゴールドアリュール 母ブライトサファイヤ(母の父サンダーガルチ)牡3歳 栗東・音無厩舎所属 馬主・松岡隆雄氏 生産者・北海道日高町ヤナガワ牧場 戦績7戦3勝 総獲得賞金6225万7000円。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ