ここから本文です

【宝塚記念馬体診断】ミッキークイーン

6/19(月) 13:19配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(6月25日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、上半期を締めくくるグランプリに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】宝塚記念出走予定全馬を馬サブロースタッフが診断!

 【ミッキークイーン=評価B】

 走らせると力感はあるが、写真撮影では小柄な牝馬らしくこぢんまりと見せることが多い。

 前走時でも皮膚が薄く細身のシルエットだったが、これは高速馬場と化す東京競馬を踏まえた仕上げの印象を受けた。渋った馬場になったのは誤算だったが、馬体重を加味しても状態は悪くなかったと判断している。

 中4週続きで上半期3走目になるが、今回は一転ふっくらとしたシルエット。全体的に肉付きが良く、トモの丸みも最近では一番の印象を受ける。1週前追い切り前の撮影を考慮すれば、追い切り後はさらにトモがパンと張ってくる可能性は十分だ。もう少し馬体を引き締めれば、いい状態で出走できそう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒4-38秒6-11秒5(仕掛け)。僚馬2頭を1秒3ずつ追走して0秒6先着。ゴール前で軽く追われると一気に加速し、パートナーを置き去りにした。気配も上々で、元気いっぱいだ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ