ここから本文です

【宝塚記念馬体診断】サトノクラウン

6/19(月) 13:19配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(6月25日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、上半期を締めくくるグランプリに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】宝塚記念馬体診断出走予定馬全頭掲載!

 【サトノクラウン=評価B】

 前・後肢のバランスは均等。腹袋をボテッと見せるのはこれまでと同様だが、それでも少し余裕を持たせたつくりで、大阪杯でデビュー以来初めて2桁の馬体減があった経緯から中間は回復を優先させた可能性が高い。

 ただ今回も長距離輸送を挟むことを踏まえれば、1週前の段階としてはこれぐらいしっかりとしていても個人的には良さそうに思う。特徴である首差し自体は厚くなっておらず、この馬らしくシャープなつくりを維持。張りのある皮膚の状態からも体調は問題ないと判断する。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F68秒9-12秒6(一杯)。追ってからモタモタして、最後まで僚馬をつかまえられず。いい頃の鋭さはなかった。馬体も重め感を残しており、次週の1本でどこまで絞れてくるか。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ