ここから本文です

【宝塚記念馬体診断】シャケトラ

6/19(月) 13:19配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(6月25日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、上半期を締めくくるグランプリに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】宝塚記念出走全11頭の馬体診断を掲載中!

 【シャケトラ=評価A】

 マンハッタンカフェ産駒らしい手脚や胴の長さは感じさせるが、全体的に筋肉量が多いのは母父シングスピールを多分に継承している影響かもしれない。キャリア6戦で挑んだ天皇賞春の時も好馬体を誇示してA評価にしたが、今回も前後のバランスが良く見栄えのするシルエットだ。

 とりわけトモが凝縮して前走時より臀部(でんぶ)に多少膨らみが増しているのは、この短期間での成長と判断していいだろう。大事に育まれたことで体質が強化し角居厩舎流の鍛錬による伸びしろは、おそらくメンバー中一番。前走時も良かったが、今回の方がより研ぎ澄まされている印象で文句なしのA評価だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に栗東CWで6F80秒3-37秒8-11秒5(馬なり)。僚馬2頭を追走する形から直線で内に入ると、楽々と突き放して3馬身先着。気力に満ちた雰囲気で、脚さばきも鋭い。文句なし。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ