ここから本文です

Windows 10向け「OneNote」に新デザインが導入 ~2017年6月機能アップデート

6/19(月) 14:12配信

Impress Watch

 米Microsoft Corporationは、Windows 10向け「OneNote」アプリの2017年6月機能アップデートv17.8269.5764を公開した。現在、「ストア」アプリから無償で更新可能。今回のアップデートでは、先日アナウンスされた新しいデザインが導入されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新しい「OneNote」は、ナビゲーション機能を中心に大幅なデザインの改善が行われた。たとえば、ノートリスト左上のボタンを押すとナビゲーションウィンドウがアニメーションとともに展開される。このウィンドウではノートブック・セクション・ページが階層化されており、今どのノートを編集しているのかを一目で把握可能。ノートをドラッグ&ドロップして、異なるノートブックやセクションへ移動させるのも簡単だ。ノートをクリックすればウィンドウは自動で格納され、元のノートリストだけになるので、編集時に邪魔になることもない。

 また、[表示]タブの[ナビゲーション ウィンドウ]メニューからナビゲーションウィンドウそのものを無効化することも可能。[ページ プレビューの表示]オプションを有効化すれば、ページリストにそれぞれのページの内容がプレビュー表示される。

 さらに、新しいデザインはアクセシビリティにも配慮されており、ナビゲーションウィンドウはキーボードショートカットやスクリーンリーダーで快適に利用できる。ハンディキャップのあるユーザーだけでなく、一般のユーザーにとってもうれしい改善と言えるだろう。

 そのほかにも、[Ctrl]+[F]キーでキーワード検索を行う機能やコマンドを検索できる機能、ノートを他のノートの“サブページ”にする機能、ノートブックに“ニックネーム”を付ける機能、ノートブックに設定する機能などが新たにサポートされた。

 また、コラボレーション機能も強化されており、他人が共有ノートブックを編集した際、その部分のセクションやノートを太字で強調表示する機能や、ページの競合を解決するツールが追加されている。

ソフトウェア情報「OneNote」Windows 10版【著作権者】Microsoft Corporation【対応OS】Windows 10/Windows 10 Mobile【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】17.8269.5764

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:6/19(月) 14:12
Impress Watch