ここから本文です

オープンソースの電子書籍管理ソフト「calibre」が約3年ぶりのメジャーアップデート

6/19(月) 15:31配信

Impress Watch

 オープンソースの電子書籍管理ソフト「calibre」の最新版v3.0が、16日に公開された。Windows/Mac/Linuxに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在、本ソフトの公式サイトからダウンロード可能。Windows版はWindows Vista/7/8/10に対応しており、窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「calibre」は、オープンソースで開発されているクロスプラットフォーム対応の電子書籍管理ソフト。非常に多機能で、電子書籍ファイルを閲覧するためのビューワー機能や電子書籍の情報を編集する機能、各種ドキュメント・電子書籍ファイル形式を相互変換する機能、電子書籍リーダーとの同期機能など、電子書籍に関する機能はあらかた揃っている。

 約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる本バージョンの目玉は、新規に開発されたコンテンツサーバー機能だ。本機能を利用すると「calibre」のライブラリをローカルエリアネットワークへ公開することが可能。Webブラウザーで“http://(IPアドレス):8080”へアクセスするだけで利用できるので、PCで管理している電子書籍をタブレットやスマートフォンで楽しめる。

 また、高解像度モニターに対応するなどユーザーインターフェースも改善。アイコンテーマがサポートされ、「calibre」のツールバーのアイコンを好みのアイコンセットへ変更できるようになった。そのほかにも、コンバーター機能では「Microsoft Word」ファイル形式(DOCX)への変換が新たにサポートされている。

ソフトウェア情報「calibre」Windows版【著作権者】Kovid Goyal 氏【対応OS】Windows Vista/7/8/10【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】3.0(17/06/16)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:6/19(月) 15:31
Impress Watch