ここから本文です

システム障害はマルウェアが原因 マクドナルドが発表

6/19(月) 20:08配信

朝日新聞デジタル

 日本マクドナルドの全店でポイントサービスが受けられなくなった問題で、同社は19日、不具合はシステムの一部で見つかったマルウェア(悪意のあるプログラム)が原因と発表した。個人情報の流出は確認されていないという。

 システムの不具合は16日未明に発生、商品を買った際につく「dポイント」や「楽天スーパーポイント」が付与できなくなった。ネットワークを通じて増殖するタイプのマルウェアで、17日には宅配サービスが利用できなくなり、18日には電子マネーの「WAON」や「iD」も使えなくなった。

 広報によると、営業を休止している店はなく、「早期の復旧をめざす」としている。

朝日新聞社