ここから本文です

井上尚弥、9月9日アメリカで防衛戦「スターになるための第一歩だと思う」

6/19(月) 15:08配信

スポーツ報知

 プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=の米国デビュー戦が9月9日(日本時間同10日)に決まった。19日に都内で開かれた会見で正式発表された。会場は未定だが米西海岸が候補。対戦相手はWBO世界バンタム級7位アントニオ・ニエベス(30)=米国=で、井上にとって6度目の防衛戦となる。念願の米国デビューが決まった井上は「正式に決まって、ワクワク感と楽しみがある。スターになるための第一歩だと思う」と待ちきれない様子で話した。

 同じ興行では3月以来の再戦となるWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、王者シーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=と前王者ローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア、帝拳=の一戦が行われる。この試合がメインで、井上とニエベスはセミファイナルとなる予定だ。

 井上とともに会見に臨んだゴンサレスは「今回は全く違う戦い方をしたい。KOを狙う。グレートな王者の井上と同じ日に戦えるのは幸せだ」と語った。また、同じ興行ではWBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦として、元王者で同級2位カルロス・クアドラス(28)=メキシコ、帝拳=と同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(27)=メキシコ=戦が行われる。

最終更新:6/19(月) 15:08
スポーツ報知