ここから本文です

有吉弘行、恒例「太田プロ総選挙」中止を発表「出場者がみんな…」

6/19(月) 11:49配信

スポニチアネックス

 タレントの有吉弘行(43)が18日に放送されたパーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、恒例の「太田プロ総選挙」が今年は中止となったことを発表した。

 「太田プロ総選挙」は有吉が所属事務所のタレントを独断でランク付けし、AKB48の選抜総選挙後に発表するもの。昨年まで6回に渡って行われ、インターネットなどで注目を集めていた。

 有吉はこの日の番組冒頭で「いろいろとあったみたいですね、AKBさんの方も」と17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」に触れると、「太田プロ総選挙も毎年行われて、あれはちょっと、出場者がみんなインフルエンザということで中止になってしまいました」と突然の報告。アシスタントの「新宿カウボーイ」石沢勤(37)と「マシンガンズ」西堀亮(42)が「集団感染したんですね」「パンデミック」がなどとツッコミを入れ、この話題は終了した。

 「太田プロ総選挙」は2011年にスタートし、第1回、第2回は「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(56)が連覇を達成。13年から大島優子(28)が2連覇した後、15年は上島が再び1位となり、昨年はHKT48の指原莉乃(24)が初の1位に輝いていた。