ここから本文です

【パリ航空ショー2017】マクロン フランス大統領が、海上自衛隊の哨戒機「P-1」を表敬訪問

6/19(月) 21:00配信

Impress Watch

 フランス・パリ郊外のル・ブルジェ空港で、航空産業の商談/展示会である「パリ航空ショー(International Paris Air Show)2017」が6月19日(現地時間)開幕した。午前中から飛行展示も始まり、会場は華やかな雰囲気に包まれている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 このパリ航空ショーでは、多数の航空機が民間機、軍用機問わず展示されている。そうしたなか、注目が集まりやすい場所に展示されているのが、海上自衛隊が展示した川崎重工業製造の哨戒機「P-1」になる。

 開幕日の19日正午過ぎ、フランス大統領のエマニュエル・マクロン氏がこの哨戒機「P-1」を表敬訪問。P-1の展示を担当する国会議員、スタッフからP-1についての説明を聞いていた。マクロン大統領はひととき談笑した後、別のブースの見学へと向かっていった。

トラベル Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:6/19(月) 21:00
Impress Watch