ここから本文です

【パリ航空ショー2017】ボーイング、737シリーズの最新鋭機737 MAX 10型機を正式発表

6/19(月) 21:39配信

Impress Watch

 米ボーイングは、6月19日~25日(現地時間)にフランス・パリで行なわれている航空展示会「パリ航空ショー2017」の初日に記者会見を開催し、同社が「業界最高クラスの効率、ナローボディとしては業界最高の収益性」とうたう737 MAXシリーズの最新鋭機で長胴タイプとなる「ボーイング 737 MAX 10」型機を正式に発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社によれば、GE子会社のリース会社GECAS(GE Capital Aviation Services)やシンガポールのリース会社BOC Aviationなど、すでに10社から240機の発注を受けており、そのほかの顧客に関しては今後明らかにすると説明した。

■国内線や近距離の国際線で使われるナローボディのボーイング 737 MAXシリーズ

 今回発表されたボーイング 737 MAX 10型機は、737 MAXシリーズの最新モデルにあたる。737 MAXシリーズは、ナローボディないしは単通路機と呼ばれる、機内の通路が1つしかない旅客機だ。各国の国内線や、近距離(日本でいえば東アジア内など)の国際線で利用されている737シリーズの後継機と位置付けている。また、アジアのLCCなどで導入が進んでいるエアバス A320neo型機の競合製品という側面も持っており、ボーイングにとっての戦略的製品の1つといえる。

 737 MAXシリーズは、787シリーズで使われている客室内装「ボーイング・スカイ・インテリア」を採用するなど、最新鋭機にふさわしい仕様になっており、燃費が従来の737シリーズに比べて大きく改善していることも特徴だ。

 737 MAXシリーズは、すでにMAX 7型機、MAX 8型機、MAX 9型機が正式に発表されており、今回発表されたMAX 10型機は4つ目のモデルになる。ボーイングによれば、仕様の違いは以下のようになるという。

ボーイング 737 MAX 7型機

シート数:172席、138席(2クラス時)
最長航行距離:3825nm(nm:ノーティカルマイル、7080km)
全長:35.56m
翼長:35.9m
エンジン:LEAP-1B(CFM International)

ボーイング 737 MAX 8型機

シート数:200席、162席(2クラス時)
最長航行距離:3515nm(6510km)
全長:39.52m
翼長:35.9m
エンジン:LEAP-1B(CFM International)

ボーイング 737 MAX 9型機

シート数:220席、178席(2クラス時)
最長航行距離:3515nm(6510km)※追加タンク装着時
全長:42.16m
翼長:35.9m
エンジン:LEAP-1B(CFM International)

ボーイング 737 MAX 10型機

シート数:230席、188席(2クラス時)
最長航行距離:3215nm(5960km)※追加タンク装着時
全長:43.8m
翼長:35.9m
エンジン:LEAP-1B(CFM International)

 今回発表したMAX 10型機はスペックからも分かるように機体の全長を延長した長胴型仕様であり、最大シート数は増えているが、その分重量が増えて航行距離は減っているのが特徴だ。

■10社240機の受注をすでに獲得、737の生産体制は2017年末までに月産47機、2020年までに月産57機へ拡大

 会場内で行なわれた記者会見には、ボーイング 会長兼社長兼CEO デニス・ミュレンバーグ氏、ボーイング 上級副社長で、ボーイングコマーシャルエアプレーン(BCA)社長兼CEOのケビン・マクアリスター氏が登壇し、ボーイング 737 MAX 10型機に関するビデオを流し、その後スピーチを行なった。

 BCAのマクアリスター氏は「ボーイング 737 MAXの最大の特徴は効率。737 MAXシリーズは最大で230人の乗客を一度に運ぶことができ、現在の商用機としては最も効率がよく、ナローボディ機としては最高の収益性を実現している。MAXファミリーは顧客の柔軟な運用に配慮して、MAX 10は乗客数、MAX 9はより遠くへ、MAX 8とMAX 7は特定市場へのシート構成など、顧客のさまざまなニーズに答えることができる」と述べ、ラインアップの特徴を解説。737 MAX 10型機は、そのなかでも座席数がほしいというニーズに応えるための製品だとした。

 マクアリスター氏は「ボーイング 737 MAX 10はすでに10を超える顧客から、240機を受注している。このパリ航空ショーにおいて徐々に明らかにされるだろう」と続けた。

 氏は記者会見では特に言及しなかったが、同社のプレスリリースによれば、GE子会社のリース会社GECAS(GE Capital Aviation Services)が10機、シンガポールのリース会社BOC Aviationが20機、TUI Groupが18機(従来の注文からのコンバージョン)、CDB Aviationが8機(737 MAX 8型機からの変更)、Tibet Financial Leasingが737 MAX 8型機と737 MAX 10型機を合わせて20機、などの受注状況を明らかにし、今後同社への注文状況を公開するサイトになる「Boeing Orders and Deliveries」に反映されるという。

 その後、挨拶に立ったデニス・ミュレンバーグ氏は「ボーイングの財務は健全で、旅客機には7.5兆ドル(日本円で約832兆円)の市場規模があり、今後もグローバルなGDPは増えていく傾向で、旅客機への投資も増えていく。ボーイングとしても研究開発に投資を行ない、737 MAXなどによって新しい価値を顧客に提供していきたい」と述べ、今後も新しい旅客機への研究開発への投資を行なっていくとした。ミュレンバーグ氏によれば、現在すでに737シリーズのバックオーダーは4000機を超えており、現在は月産42機の生産体制を、2017年末までに47機、さらに2020年までには57機へと拡大する計画であると明らかにした。

トラベル Watch,笠原一輝

最終更新:6/19(月) 21:39
Impress Watch