ここから本文です

J1第15節、C大阪のMF水沼が12・6KMで走行距離2位にランクイン

6/19(月) 17:55配信

スポーツ報知

 J1第15節は17、18日、各地で行われた。Jリーグ公式サイトが発表する走行距離は今節はMF高橋義希(鳥栖)が13・486KM(キロメートル)で、唯一の13KM超えを果たし、トップだった。2位はMF水沼宏太(C大阪)で12・615KMだった。チーム別では鳥栖がトップで120・125KM。2位は札幌で119・183KM、3位はC大阪で119・09KMだった。個人の走行距離10傑は次の通り。

(1)13・486KM MF高橋義希(鳥栖)対仙台

(2)12・615KM MF水沼宏太(C大阪)対清水

(3)12・550KM MF小泉慶(新潟)対大宮

(4)12・532KM MF兵働昭弘(甲府)対柏

(5)12・506KM MF山村和也(C大阪)対清水

(6)12・464KM MF荒野拓馬(札幌)対鹿島

(7)12・438KM MF原川力(鳥栖)対仙台

(8)12・400KM MF福田晃斗(鳥栖)対仙台

(9)12・367KM FW鄭大世(清水)対C大阪

(10)12・325KM FW西村拓真(仙台)対鳥栖

※名前の後のカッコ内は所属。

最終更新:6/19(月) 19:27
スポーツ報知