ここから本文です

【MLB】サヨナラ弾でサイクルヒット達成のN.アレナド 「エゴを通す場面じゃなかった」

6/19(月) 14:17配信

ISM

 コロラド・ロッキーズの主砲ノーラン・アレナド三塁手が、現地18日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、劇的なサヨナラホームランによるキャリア初のサイクルヒットを達成した。

 アレナドは第1打席で三塁打を放つと、第2打席でライトへのシングルヒット、第3打席でタイムリーツーベースと順調にサイクルヒットへ王手。7回の第4打席は空振り三振に倒れたが、1点を追う9回裏に1死一、三塁のチャンスで回ってきた第5打席では、ジャイアンツの守護神マーク・メランソン投手からレフトオーバーの逆転サヨナラ3ランを放った。

 ロッキーズでのサイクルヒット達成は、2014年のマイケル・カダイアー以来。サヨナラホームランでのサイクルヒット達成は、2010年に同僚のカルロス・ゴンザレス外野手が記録して以来で、メジャー史上5人目の快挙となった。

 アレナドは「正直に言って、外野へ飛ばすことだけをねらっていた。あそこは自分のエゴを通す場面じゃない。僕たちは試合に勝たねばならないんだ」とコメント。サヨナラアーチによるサイクルヒットはねらっていなかったことを強調し、「しっかりバックスピンをかけて打った。ホームランになったことを神に感謝するよ。(左翼手が)下がったのを見たときはちょっとドキッとした。ここではしばらくホームランがなかったからね」と、本拠地クアーズ・フィールドでは5月14日以来だった今季15号アーチを振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/19(月) 16:13
ISM