ここから本文です

ダルビッシュ、今季ワーストの8安打5失点で5敗目

6/20(火) 4:03配信

スポーツ報知

◆レンジャーズ3―7マリナーズ(18日・アーリントン)

 ドジャースの前田健太投手(29)とレンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が18日(日本時間19日)、ともに先発し、明暗を分けた。前田は敵地のレッズ戦に14日ぶりに先発し、5回を3安打1失点で5月25日カージナルス戦以来の5勝目(3敗)を挙げた。ダルビッシュは本拠のマリナーズ戦で1回に4失点するなど5回を8安打5失点で5敗目(6勝)を喫した。今季最短タイ5回降板 ともに今季ワーストとなる8安打5失点で、今季最短に並ぶ5回で降板。ダルビッシュは「相手が打てる球を投げないといけないカウントになっちゃった」と悔やんだ。

 過去14試合で合計2点しか許さなかった初回にまさかの4点を失った。2死一、二塁、5番シーガーに3ボールからの甘い速球で右翼線に先制二塁打を許す。さらにサイン違いによる捕逸で失点すると、バレンシアには3ボール1ストライクから甘い速球で左中間に2ランを浴び「あの状況でしっかりヒットにした向こうの勝ち」。3回にも連続二塁打で失点するなど、毎回安打を許してリズムに乗れなかった。

 それでも「何で打たれたか全部、説明できる」と課題は明確で、表情に暗さはなかった。ローテーション通りなら次回登板は23日(日本時間24日)にヤンキースの田中と投げ合う可能性がある。「もう5失点とかはないようにしたい」とエース対決で立て直しを誓った。

最終更新:6/20(火) 9:10
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報